サッカー日本代表の岡崎慎司選手の雑草魂から学ぶこと!目立たたない

スポンサーリンク


皆さんは、サッカーの岡崎慎司選手をご存じですか。
サッカー好きの方はもちろん、日本代表にあまり詳しくない方でも、本田圭佑、香川真司、長友佑都辺りと並んで、ご存知の方は多いと思います。

しかし、先述した三人ほど目立っているかと言えば、そうではありません。
知名度はあるけれど、日本代表(今は世代交代が始まっているので、正確には一世代前の日本代表、ということになりますが)の名前として挙がるかと言われれば、正直なところ疑問です。

「言われてみればいたね」そういう選手にくらいの認識なのではないでしょうか。
少なくとも私の周りで、日本代表と言えば、で岡崎選手の名前を挙げる人はいませんでした。

しかし、私個人としては、本田圭佑の牽引する世代に、岡崎選手はなくてはならない存在だったと思いますし、日本代表のファンである人の多くもまた、このような感想を抱くと思います。

それくらい、目立たないはずの岡崎選手の貢献ぶりは、素晴らしいものだったと思います。
まさに「縁の下の力持ち」という言葉が相応しい、それが岡崎選手です。

岡崎選手は、ゴール自体の数はかなり多いです。
しかし、泥臭いゴールが多く、本田圭佑選手のような華麗なFKでの得点や香川真司選手のような軽やかなステップからのシュートは、ほぼないと言っていいでしょう。

こぼれ球を押し込んだり、DFをかきわけてヘディングシュートをしたりと、とにかく「体を張ったプレイ」をします。
率直な感想を言ってしまうと、決して「カッコいい」プレイスタイルではありません。
そしてマスコミに取り上げられるのも、大抵は本田圭佑選手や香川真司選手です。

代表歴は二人と同じくらい長いのにです。
それでも岡崎選手は、腐るどころか、そういう自分のプレイスタイルに活路を見出していきます。
つまり「自分の役目」として、年齢を重ねながらも、体を張り続けます。

岡崎選手はハードワークで有名です。
これは、サッカーを知らないとなかなか気づきにくいのですが、岡崎選手はボールを持っていない時の動きが優れているんです。
他の選手のマークを外すために、つまり、他の選手を生かすために、ディフェンスを引き付ける動きをします。

そのためには、速く、そしてある程度の長い距離を、走らなければなりません。

短~中距離走を試合中に繰り返しているようなものです。

「ちょっと長めのシャトルランを延々繰り返す」と言えば、その辛さは想像しやすいかもしれません。

おまけにそれで得られるのは、熱意あるサッカーファンからの称賛だけ。
ゴールもアシストもつかないし、マスコミの注目も得られない、それどころか、その動きが百パーセント有効というわけではありませんから(マークが外れるかどうか、外れてもゴールに繋がるかどうか。結果の見えない作業を、岡崎選手は試合中、繰り返しています)、精神的にもきついはずです。

スポンサーリンク

そして岡崎選手は、ディフェンスもしっかりこなします。
トップにいるのにディフェンスをするわけですから、試合中の走行距離はかなりのものになります。
さらに岡崎選手は、三十を超えているのです。

にもかかわらず、彼は走り続けます。
むしろ年齢を重ねて、彼のプレイスタイルはより利他的に、献身的に変わっていったような気もします。
私はそこに、岡崎選手の雑草魂を感じます。
 
岡崎選手の貢献は、決して目に見えるものではありません。
実際に岡崎選手の動きによって、試合が「決定的に」動くことはまれです。
しかし、ゴールシーンをよくよく分析してみると、そこには十中八九、岡崎選手が関わっています。

あの時点でマークをずらしたから、〇〇選手にボールが通ったとか、岡崎選手の動きにつられてディフェンスが動き、その空きスペースに〇〇選手が飛び込んだとか、そういう感じです。

つまり岡崎選手は、トップという攻撃的なポジションでありながら、周りの「決定機を作る」という、貴重な役割を果たしているのです。そのチャンスをもらった他の選手たちが、結果的に試合を決定的に動かしています。

その黒子に徹する岡崎選手のプレイスタイルから、私は学ぶところが多いです。
これは、サッカーだけでなく、仕事でも生かせることです。
自分は決して主役にはならないけれど、いわば名脇役として、周りを生かす。
そのためには労を惜しまない。
サッカー選手としてだけでなく、人間としても、岡崎選手は成熟していると思います。

一度、岡崎選手のインタビューを観たことがあります。
そこで岡崎選手は、記者の質問に対し、「俺にはこれしかできないから」と答えていました。
プレイスタイルに関する質問でした。

彼の言葉に、卑屈な響きは一切ありませんでした。
そこには仕事人としての誇りと、意志を貫徹しようという強さが垣間見えました。
私は、旧世代で誰が一番好きかと訊かれれば、迷いなく岡崎慎司選手だと答えます。
そして、今の日本代表は世代交代の時期です。

その世代交代の過程で、岡崎慎司は一仕事か二仕事、また貢献してくれるような気がしてなりません。



【当サイト一番人気記事】

最近では、お笑い芸人を中心にスポーツ選手や俳優さんも副業を始める人が増えましたね。

私が注目したのは、あるお笑い芸人です。

どちらかというと芸人が副業か?


→【たむけんに学ぶ芸能人の副業】

スポンサーリンク

関連記事

イチロー選手の朝カレーに学ぶルーチンワーク!

イチロー選手と言えば、日本で最も有名な と言ってもいいくらいに有名な、野球選手です。 4

記事を読む

卓球・丹羽孝希(にわこうき)は乃木坂ファンラケット情報と彼女は?

世界卓球2017でメダル圏内に 入ったとされる丹羽孝希(にわ こうき)選手。

記事を読む

サッカー日本代表の長友佑都選手に学ぶ、仁義を通す心!日本男児

ロシアワールドカップが佳境を迎える今、 わたしは日本代表選手たちの戦いぶりを 今なお鮮明に思い出

記事を読む

岡部友の尻トレーニングが気になる!身長や年齢ジムは?

美尻を作るヒップトレーナーの 岡部友さんについて調べてみまし た。 深イイ話に

記事を読む

仙台育英高校出身のスポーツ選手(野球・卓球・陸上)は?

2017年の高校野球で仙台育英高校 が甲子園に出場して活躍中です。 仙台育英高校

記事を読む

イチロー選手が日米通算4000本以上安打を打てる理由!画像あり

イチロー選手と聞けば知らない人はいないくらいの 野球界のスーパースターです。 日本プロ野

記事を読む

藤光謙司イケメンアスリート・結婚してる?金箔姿が話題に

イケメンアスリート藤光謙司 (ふじみつけんじ)さんが 気になりました!

記事を読む

浅田舞の結婚相手のDEppaって誰?「シクラメン」についてデート現場画像あり

元フィギュアスケート選手の浅田舞(あさだまい)さんが 来春に結婚すると発表。 巨乳好きの皆さ

記事を読む

バロンドールを受賞したクリスティアーノ・ロナウドの持つ資質と影響力!画像あり

クリスティアーノ・ロナウドと言えば、サッカーをあまり知らない方でも、ご存知の方は多いことと思

記事を読む

錦織圭選手とマイケル・チャンコーチの関係!世界ランキング5位を上回れるか?

私は、錦織圭選手のファンです。 錦織圭選手と言えば、ジョコビッチ選手を下し 世界ランク五位に

記事を読む

太賀が『今日から俺は!!」で大ブレイク!これまでの作品は?

福田雄一脚本監督のドラマ『今日から俺は!!」が人気ですね。

『笑わないアイドル欅坂46』とは 2015年8月21日に

DA PUMP(ダパンプ)のISSA(イッサ)はモテる方法を知っている!画像あり

【DA PUMP(ダバンプ)は、沖縄アクターズスクール出身のエリー

異色のアメコミスーパーヒーロー、アイアンフィストの魅力。画像あり

今回は「アイアンフィスト」という人物を紹介します。 アイアンフィ

芸能人の真矢ミキさんは、宝塚歌劇団の型破りな生徒だった!画像あり

【真矢ミキさんは、中学は関西育ちです】 100年を超える歴史

→もっと見る


  • mochico(もちこ)
    芸能ネタに敏感な主婦です。
    映画・ドラマ大好き。
    期間限定モノ大好き。
    いろんな情報を投稿しています。
    プロフィールページはこちら
PAGE TOP ↑