ボク運第3話のあらすじ第4話の展開を予想!山Pのエプロン姿

スポンサーリンク

ボク運第3話、誠がピンチでしたが
逆転のチャンスが見えてきました。

お互い名前を知ったからか
誠は晴子さん、晴子は正木さんと
呼びあうようになっています。

山P演じる神が、馴れ馴れしく
誠、と下の名前で呼ぶようになります。

神・山Pのキャラがどんどん
ぶっとんだ感じになってますね(笑)

定岡のオリジナル曲を歌ったり
晴子を落とすには世界がひっくり返る
ようなことをしないと・・・
「バルス!」って(笑)

神が現れなかった日もありましたね。
もう来ないと思ったのか
誠が油断してクローゼット開けたらいた!

誠の会社の葛城と関原が
三恵のことを「フレグランスタワー」って(笑)

タワーって背が高いからか?

誠と三恵がしゃぶしゃぶはポン酢派
だと、主張していました。
ゴマダレは素材の味を殺す、と。

私もまるっと同意でした。
ちなみにポテトにケチャップ
つけたい派です。

ラストシーンのほうで、晴子は
誠に家でご飯食べないか、声を
かけに行ったんじゃなかったの?

電話してそのまま帰ってきちゃったね。
多めに作ったエビフライ、3人で
食べたのか・・・

ちなみに誠が野球をして、晴子と
話していた河川敷は、埼玉の三郷と
流山の間を流れる江戸川の河川敷。
高い建物がなく、きれいな場所でしたね。

第3話のあらすじ

モテ男・定岡と明らかに差がついている
は焦っていた。

神は誠が持っていたクラシックのCD
を手に取り、収録された曲名と作曲者を
覚えろと言い出した。

素直に覚え始める誠。
偶然聞こえてくるクラシック曲と
現実がリンクしていることに気づく。

定岡の提案で晴子三恵
飲みに行くことになった誠。
気が利く定岡に比べ、誠は良いところ
がなく、アピールできなかった。

三恵は誠より定岡のほうが良い、と
晴子に薦めていた。

晴子の父から連絡をもらい
自宅にもウォーターサーバーを設置
したいと希望していた。

いきなり晴子の自宅に行くことに
なってしまい、誠は事前に晴子に
知らせておきたかったが、連絡先を
知らないので、どうすることもできない。

ウォーターサーバーの説明に晴子の
家へ行くと、案の定誠は晴子と
顔を合わせてしまい、驚かれる。

に連絡先を教えておけ、と
指示されていたが、結局渡せずじまい。

偶然、社内の飲み会で同じ店に
来ていた誠と定岡。
そこで定岡から晴子にプロポーズ
しようと思っていることを聞かされた。

スポンサーリンク

翌日、まさにその現場を誠は目にして、
笑顔の晴子は定岡のプロポーズを
受けたのだと察した。

河川敷で途方にくれていた誠は
小学生の2人組に野球をしよう、と誘われた。

しぶしぶその誘いにのると、そこへ
晴子が通りがかる。
晴子は定岡のプロポーズは断ったと
知り、誠はホッとする。

ふとスコアボードに目をやると
途中まで、自分の電話番号になって
いることに気づく。

自分の電話番号になるように
点を取るから、あとで見に来てくれ
と晴子に頼む。

夜、晴子はそのスコアボードを見に行き
書かれた通りに電話をすると、誠に
繋がった。

誠は友人の経営するちゃんこ鍋屋に
行こうと晴子を誘う。
晴子も気になっていた店だといい
食事の約束をすることができた。

上機嫌で帰宅した誠だが
神は晴子を攻略するのは至難の業だと
言い出した。

晴子は超モテ男の定岡を振るくらい
難しい女だというのだ。

第4話の展開を予想

とりあえず神がフリフリのエプロンを
している流れが気になる(笑)

晴子は結婚そのものに興味が
ないのかもしれない感じ。

定岡のことは元々
恋愛感情がなかったぽいけどね。

始めは運命の人だから、まあまあ好みの
女性だから、と晴子にアプローチ
していましたが、誠はすでに晴子を
好きになってしまった様子。

神の言うように、晴子をその気に
させるのは、本当に大変そう。

キャスト
正木誠(まさき まこと):亀梨和也
湖月晴子(こげつ はるこ):木村文
定岡光圀:満島真之介
四谷三恵:菜々緒
葛城和生:澤部佑
鳩崎すみれ:渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)
宇久森みどり:岡野真也
湖月大地:杉本哲太
関原卓:大倉孝二
湖月善江:石野真子
烏田翔吉:田辺誠一
謎の男:山下智久



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!