過保護のカホコ第6話ネタバレ加穂子大好きだよ

スポンサーリンク

第6話の感想

オープニングの加穂子は
高校生になってました。

もうすぐ実年齢に近づく!

予告ですでに放送されていた
加穂子、大好きだよ」は
加穂子の妄想かと思ったら
実際に言ってくれたんですね。

前回に引き続き、竹内涼真くんが
かっこよすぎる。

それぞれの家庭で揉め事が起きて
どうすんだ、これって感じに
なっていました。

ちょっとこの辺で中だるみという
か、今回つまんないなあと
思ってしまった。

しかしそこでは終わらなかった!

おばあちゃんの病気が深刻で
先が長くないとわかります。

おじいちゃんがダメな分、おばあ
ちゃんがしっかりしているという
バランスが崩れてしまうかも。

おじいちゃんはおばあちゃん無し
じゃ行きてけない、まるで加穂子
と泉の関係に近い。

それがどうなるのでしょう。

今回やっと気づいたんですが
厚司さんは変な口癖がある。
「~ますです。」っていうのか。

その妻・節さん。
ブスで頭悪いっていじめられた
って!ひどい。

「うちの子にかぎって」の頃から
西尾まりさんて、自分はブスって
いうセリフ言わされてばっかり。

同じ遊川和彦さんの脚本ですよ。
ひどいなあ。

確かに西尾さんは子役のときも
可愛くないし、今も美人じゃない。
ブスキャラってほどでもないのに。

そして娘の糸ちゃん。
一気にケバくなりましたね(汗)
ちょっと時代遅れ気味のパーマ
かけちゃって・・・

麦野くんの気持ちが加穂子にある
ことも知ってて挑発してきたな。

衛さんを演じる佐藤二朗さんが
普通の優しい叔父さんなのが
逆に違和感(笑)

スポンサーリンク

第6話のあらすじ

無言で家を出ていってしまった

残された加穂子正高は慣れない
家事で、大慌てになる。

泉は実家にいることが判明。
正高は毎日のように説得に行き
戻ってきてもらおうとした。

だが、もそれぞれの夫と
揉めてしまい、実家に来て
正高の話など聞いてもらえる
状態になかった。

家族内での揉め事は、泉の親族
だけではなかった。

正高の妹・教子がケンカした末に
出ていってしまう。

それが原因で正興と多枝も衝突
して、正興が正高のところへ
家出してくる。

娘3人が実家に居座ってしまった
並木家でも、福士がふてくされて
家出してきた。

正高は衛と厚司を自宅に集め
妻に帰ってきてもらうための
作戦を練っていた。

泉たちと初代は思い出話をしなが
ら、自分たちの家族のことを
考えていた。

とくに泉は無条件に自分を愛して
くれる加穂子が可愛くて仕方なく
過剰な愛情を注いでしまったと
思い返す。

加穂子や正高たちがその話を
聞いていることに気づいていた
初代は、一同を呼び寄せる。

加穂子は泉に大好きだ、と伝え
仲直りする。

その一方で加穂子は麦野
名前を呼んで欲しい、好きだと
言って欲しいと頼んでいた。

照れてなかなかできなかった
麦野だが、泉へメッセージを
送るためスマホに夢中だった
加穂子に突然、「加穂子、大好き
だよ」と言う。

無事、自宅へ戻ってきた泉。
だが今までと違っていた。

これからは自分のことは自分で
それぞれやる、困った時だけ
頼るな、と伝えてきた。

加穂子は自分を認めてもらうため
にも、泉に頼るまい、と気合を
入れた。

泉が帰ってきたことを報告する
ため、並木家に行った加穂子。

そこで初代が医者と電話しており
余命わずかであることを
聞いてしまった。

第7話の予想

ラストシーンで衝撃の事実が
わかりました。

おばあちゃんの初代さんが
心臓の病で、先が長くないこと
を知った加穂子。

予告ではなんと麦野に
「子ども作ろう」と言い出します。

初代にひ孫を見せたいというだけ
で、麦野との子供を、と考えた
加穂子。

あまりにも話が飛びすぎる(笑)

さらに「俺たちは住む世界が
違う」と言われ別れ話になって
いました。

ホントにダメになってしまうの?

それじゃ「ひよっこ」の島谷と
みね子と同じじゃないかー!

キャスト
根本加穂子:高畑充希

根本泉:黒木瞳
根本正高:時任三郎

麦野初:竹内涼真

環:中島ひろ子
衛:佐藤二朗

節:西尾まり
厚司:夙川アトム
糸:久保田紗友

根本正興:平泉成
根本多枝:梅沢昌代
根本教子:濱田マリ

並木初代:三田佳子
並木福士:西岡徳馬



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!