歌手!松田聖子のデビュー当時から現在のレコードやアルバム

スポンサーリンク

松田聖子とは


私は小学生のころから松田聖子さんの大ファンでした。
レコードもすべてもっており1980~1988年に発表されたシングル、アルバムの曲、発売日、売り上げ枚数なども今でも言うことが出来ます。

そんな私たちの世代に対し、今の中高生は「名前は知ってるけど、どんな人か知らない」と、つい先日言ったのには驚きました。
今の子供たちはテレビを見ない時代ですからね。
仕方ありません。

そんな松田聖子さんですが私たち40代の人間にとっては、彼女の存在は大きいと思います。

松田聖子派と中森明菜派

「当時は松田聖子さん派と中森明菜さん派で分かれていた」と言われます。
しかし、私は両方とも好きです。

中森明菜さんはデビュー当時からベストテンなどの歌番組で「松田聖子さんのファンだった。彼女のレコードは全て持っている」等、よく発言されてました。

松田聖子さんの話に戻しますが、デビュー当時は「ぶりっ子」と呼ばれ本人も相当悩んでいました。

1982年のベストアルバム「Seiko・Index(レコードの歌詞カード)」では「ぶりっ子と呼ばれること」に関して、松田聖子さんをフォローする執筆がされています。

当時は「女性から嫌われている。」などとも言われていました。
しかし、「赤いスイートピー」から女性ファンが増えたと一般では言われていますし、彼女もそう言っています。

しかし、一概にそうでもありませんでした。

実際、私の当時の女友達は「赤いスイートピー」以前から聖子さんのレコードを持っていましたから。

田原俊彦事件

そして彼女を悩ませたもう一つの要因に田原俊彦さんファンから、剃刀のついた手紙を受け取ったりと、現在では犯罪に値するような過激な攻撃も受けていました。

有名な話ですが、歌番組等で彼女と田原俊彦さんの名前が隣同士だという理由でテレビ局には、田原俊彦さんファンからクレームがつき始めたのも事実です

「ザ・ベストテン」司会者の黒柳哲子さんや久米さんも非常に神経をとがらせていました。

しかし、1983年春の松田聖子さんの「秘密の花園」が発表されベストテンで大人宣言をし、田原さんとは良いライバルであり友達という宣言をされました。

当時のアイドルは3か月に1枚シングルレコードを発売し、アルバムも年2枚発売されるのが定例でした。

入れ代わり立ち代わり新人さんがデビューしていましたし、いわゆる「一発屋」で終わる歌手も少なくありませんでした。

そんな中、シングルレコード1位を24枚連続取得というのは、当時では非常にレアだったんです。

今では、この記録は破られましたが入れ代わりの激しい中、今の時代とは比にならないほど、物凄い実績だったのです。

なんせ、あの有名なピンクレディーでさえ、9作連続オリコン1位が「凄いこと」と言われていた時代です。

中森明菜さんでさえ、この記録は達成出来ませんでした。

現在の松田聖子

そして現在も活躍し続ける松田聖子さん。

「レコードの売り上げ成績は悪く、今ではディナーショーで活躍している」と言われていますが、調べてみると最近のオリジナルアルバムも、そこそこの枚数は売れています。

今では自分で作品作りに取り組んでおられますが、コンスタントにアルバムを発売し続けられるということは、今でも買う人がいるからです。

また、アイドル当時のサイプレス盤やベスト盤等も積極的に発売し、それなりの売り上げを出しています。

そう、彼女の強みは「アイドル当時の楽曲の記録」があるので、ベスト盤もオリジナルアルバムもそれなりに売り上げがあるのでしょう。

特に注目したいのが、彼女のアイドル当時のアルバムの中の一曲やシングルのB面(今でいうカップリング)も私たち世代には親しまれています。

シングルでない楽曲も知る人が多いというのは、アイドル当時の彼女のアルバムのクオリティの良さ、そして彼女にそれを歌い上げる力があったからでしょう。

こういう歌手って他にはいないんじゃないでしょうか。
せいぜい、シングルヒット曲は有名だけど、アルバム収録曲等で有名なアイドルは皆無に等しいと思われます。

そしてアイドル時代の彼女の特徴と言えば、長期にわたりアルバムの売り上げ枚数がシンガーソングライター並に高かったことも特徴の一つです。

特に1982年5月に発売されたアルバム「Pinnneapple」からは女性も購入するようになり、前作の1981年10月発売のオリジナル4thアルバム「風立ちぬ」より飛びぬけて売り上げが上がりました。

理由としては、「赤いスイートピー」で女性の支持を得た。
もしくは「ボーカル法を変え、楽曲に合った歌い方をされており、そのボーカルが楽曲のクオリティーを上げた」のも理由と一つでしょう。

スポンサーリンク

1980年4月発売の「裸足の季節」~1981年発売の「風立ちぬ」、アルバム1980年発売の1stアルバム「SQUALL」から1981年10月発売の4thアルバム「風立ちぬ」までは非常に声の太い、やや低めのボーカルをしていました。

そのボーカルをやめ、かわいい系の声で歌う彼女の声はアルバムのクオリティを上昇させた要因の一つではないかと思います。

現在では全く違う歌い方をされていますが、当時のキュートなボーカルは多くの世代に認められたのではないでしょうか。

あと、アイドル当時の彼女のレコード楽曲には一つの特徴があります。
大ヒット中のシングル曲を最新のアルバムに堂々収録していたのです。

当時の多くのアイドルは、ヒット中のシングルをアルバムには収録せず、ヒット後のシングルをアルバムに収録するという方法を取っていました。

これは「アルバムを買ったから、シングル盤は買わなくてもいいや。」という理由を避けるため、あえてヒット中のシングル曲の前のシングルをアルバムに収録し、シングル売り上げを上げるというスタイルが目立っていました。

松田聖子の戦略

しかし、松田聖子さんは全く別。

例えば、シングル「風立ちぬ」は1981年の10月頭に発売され、アルバム「風立ちぬ」は同年10月末にシングル「風立ちぬ」を収録しています。

こんな大胆な仕組みでも彼女のシングル、アルバムは常にチャート上位を占め年間売上舛数も非常に多かったのです。

これは、彼女の実力と言えるでしょう。
難しいアーチストの楽曲を歌いこなす、それは当時のシンガーソングライターにも衝撃を与えたのです。

事実、シングル「風立ちぬ」とアルバム「風立ちぬ」のA面5曲を手掛けた大瀧詠一氏は、この楽曲(風立ちぬ)は彼女には歌えないだろうと思っていた。
しかし、ある歌番組で彼女がその曲を見事に簡単に歌いこなしているのを見て「やられたっ!と思った」と語っています。

まとめに入りますが、彼女が今でも活躍する理由は、昔の彼女の実力と実績、そしてファンの要望に応えるかのようにアイドル時代の楽曲をコンサートなどでも歌ってくれることで、当時を懐かしむ私たち中年層を喜ばせてくれるのです。
身体の不調等、ファンとしては心配ですが、今後も彼女を応援して行きたいと思っています。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!