吉本新喜劇座長の小藪千豊さんに学ぶ感謝の心!大阪を忘れない

スポンサーリンク

小藪一豊の才能


皆さん、小藪千豊(こやぶかずとよ)さんをご存知ですか?
芸能人、お笑い芸人の方です。

「吉本新喜劇」入団後、約四年と言う異例の早さで座長に就任したり、今は解散したものの「ビッグポルノ」という音楽ユニットをレイザーラモンさんと組んだり(小藪さんはドラムとして参加していますが、「ゲスの極み乙女。」の川谷さんは小藪さんのドラムを称賛しています)亡くなった母親への後悔をつづった「プリン」という楽曲を発売し歌手デビューを果たしたりと、その活動は多岐に渡ります。

また、役者としても活躍し名監督山田洋次さんの作品に多く出演したり、NHKの朝の連続テレビ小説「わかば」のレギュラーに抜擢されたり、あるいは池井戸潤さん原作のドラマ「陸王」に出演したりと役者の実力を認められている方でもあります。

そのような演技力が、あるから吉本新喜劇における異例の早さの座長就任に繋がったのかもしれませんね。
とにかく、マルチな才能をお持ちの方です。

感謝の気持ち

そんな小藪さんは、とにかく感謝の気持ちを忘れない方です。
芸風としては、まくしたてる言い方や毒舌などで、ネットでは小藪さんを嫌う意見も多いですが、それはあくまで小藪さんのキャラクターだと思います。

ただの毒舌ではなく、相手が「おいしい」状態になったり愛情の裏返しであったりして、私は小藪さんの芸風から好きなのですが
それだけでなく、小藪さんはたくさんのもの、人に感謝の気持ちを表す人です。

具体的には、小藪さんは家族への感謝をメディアを通して発信し続けています。
亡くなった母や、下積み時代自分を支えてくれた妻に「毒舌」に見せかけた感謝の気持ちを言葉にしています。

そもそもテレビで真っ直ぐ「ありがとう」と言うことに小藪さんは照れ故に、抵抗を感じているのでしょう。
私はそういうシャイな小藪さんも好きですね。

実際小藪さん自身も、自分は内向的だと分析していますし、家では妻と娘がずっと喋り続けて小藪さんは聞き役に徹しているそうです。

先程紹介した「プリン」という曲も小藪さんらしいお笑いの要素もありつつ、根底には母への感謝とそれを言葉にできなかった後悔とがあります。

私は一人暮らしをしているのですが、ふとした瞬間に「プリン」を聞きたくなります。

それは多分、母への感謝を忘れかけているからでしょう。
「親孝行、したい時には親はなし」。
この曲を聞く度に、私は忘れかけていた大切なものを思い出します。
皆さんにも、是非一度聞いていただきたいですね。

それから小藪さんは、自分を育ててくれた吉本新喜劇への感謝も忘れません。

テレビに出る理由

小藪さんが東京に住むようになり、テレビ出演するのも一つには吉本新喜劇に恩返しするためだそうですね。

なにかの番組で「自分は吉本新喜劇の座長として、吉本新喜劇を多くの人に知ってもらうために、テレビに出る」と仰っていました。

いわば広告塔として、自分の身を削っているということです。
だって、吉本新喜劇の座長というだけで忙しいのに、その上テレビ出演までするわけですから(大阪東京の往復も、負担なはずです)生半可な気持ちでは決してできませんよね。
感謝を言葉にするだけでなく、行動で示すというのは、魅力的な人間の条件の一つだと思います。

スポンサーリンク

もう一つには家族にたくさんのお金をあげたいから、ということらしいです。

小藪さんは「お金をパスする」という言い方をしますが、これは下積み時代を支えてくれた妻への感謝ですね。
小藪さんは、基本的に自分のためには動きません。
誰かのために、なにかのために、働いています。

小藪さんはさらに、地元大阪への感謝も忘れません
その証拠に、大阪ローカルの番組にも数多く出演しています。

大阪という土地は、小藪さんを育ててくれた土地である上に小藪さんの「お笑い」も、そこで磨かれたのです。
そして大阪には、小藪さんを支えた大御所の方が、たくさんいらっしゃいます。
(例えば上沼恵美子さんなどはその筆頭で、小藪さんは上沼さんのラジオにも参加しています)。
東京に自分を固定させることがないのは、こういう理由もあるのですね。

趣味も感謝

最後に、小藪さんは寺社仏閣巡りで有名な方でもあります。
寺社仏閣を扱うテレビ番組にも出演しています。
その知識はかなりのもので、小藪さんは少ない休みを利用しては参拝しているそうです。

つまり、神様への感謝も忘れない、ということです。
今の自分があるのは、究極的には神様のおかげであると、小藪さんはテレビ番組で仰ることがあります。

私は、このとどまるところを知らない小藪さんの感謝の気持ちに感服することしかできません。

そして、今の小藪さんの活躍ぶり(今ではフジテレビ「ノンストップ」や「バイキング」の曜日レギュラーです)を拝見すると、やはりその根っこには小藪さんの「感謝」があったのでは、と思わざるを得ません。

私もこれからは、より感謝の気持ちをもって、いろんなものに感謝して、生きていきたいと思います。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!