サッカー日本代表の岡崎慎司選手の雑草魂から学ぶこと!目立たたない

公開日: : 最終更新日:2019/01/08 気になるスポーツ選手 , , ,

スポンサーリンク

岡崎慎司の知名度


皆さんは、サッカーの岡崎慎司選手をご存じですか。
サッカー好きの方はもちろん、日本代表にあまり詳しくない方でも、本田圭佑、香川真司、長友佑都辺りと並んで、ご存知の方は多いと思います。

しかし、先述した三人ほど目立っているかと言えば、そうではありません。
知名度はあるけれど、日本代表(今は世代交代が始まっているので、正確には一世代前の日本代表、ということになりますが)の名前として挙がるかと言われれば、正直なところ疑問です。

「言われてみればいたね」そういう選手にくらいの認識なのではないでしょうか。
少なくとも私の周りで、日本代表と言えば、で岡崎選手の名前を挙げる人はいませんでした。

しかし、私個人としては、本田圭佑の牽引する世代に、岡崎選手はなくてはならない存在だったと思いますし、日本代表のファンである人の多くもまた、このような感想を抱くと思います。

それくらい、目立たないはずの岡崎選手の貢献ぶりは、素晴らしいものだったと思います。
まさに「縁の下の力持ち」という言葉が相応しい、それが岡崎選手です。

岡崎選手のプレースタイル

岡崎選手は、ゴール自体の数はかなり多いです。
しかし、泥臭いゴールが多く、本田圭佑選手のような華麗なFKでの得点や香川真司選手のような軽やかなステップからのシュートは、ほぼないと言っていいでしょう。

こぼれ球を押し込んだり、DFをかきわけてヘディングシュートをしたりと、とにかく「体を張ったプレイ」をします。
率直な感想を言ってしまうと、決して「カッコいい」プレイスタイルではありません。
そしてマスコミに取り上げられるのも、大抵は本田圭佑選手や香川真司選手です。

代表歴は二人と同じくらい長いのにです。
それでも岡崎選手は、腐るどころか、そういう自分のプレイスタイルに活路を見出していきます。
つまり「自分の役目」として、年齢を重ねながらも、体を張り続けます。

岡崎選手はハードワークで有名です。
これは、サッカーを知らないとなかなか気づきにくいのですが、岡崎選手はボールを持っていない時の動きが優れているんです。
他の選手のマークを外すために、つまり、他の選手を生かすために、ディフェンスを引き付ける動きをします。

そのためには、速く、そしてある程度の長い距離を、走らなければなりません。

短~中距離走を試合中に繰り返しているようなものです。

「ちょっと長めのシャトルランを延々繰り返す」と言えば、その辛さは想像しやすいかもしれません。

おまけにそれで得られるのは、熱意あるサッカーファンからの称賛だけ。
ゴールもアシストもつかないし、マスコミの注目も得られない、それどころか、その動きが百パーセント有効というわけではありませんから(マークが外れるかどうか、外れてもゴールに繋がるかどうか。結果の見えない作業を、岡崎選手は試合中、繰り返しています)、精神的にもきついはずです。

スポンサーリンク

そして岡崎選手は、ディフェンスもしっかりこなします。
トップにいるのにディフェンスをするわけですから、試合中の走行距離はかなりのものになります。
さらに岡崎選手は、三十を超えているのです。

にもかかわらず、彼は走り続けます。
むしろ年齢を重ねて、彼のプレイスタイルはより利他的に、献身的に変わっていったような気もします。
私はそこに、岡崎選手の雑草魂を感じます。

岡崎選手の貢献は、決して目に見えるものではありません。
実際に岡崎選手の動きによって、試合が「決定的に」動くことはまれです。
しかし、ゴールシーンをよくよく分析してみると、そこには十中八九、岡崎選手が関わっています。

あの時点でマークをずらしたから、〇〇選手にボールが通ったとか、岡崎選手の動きにつられてディフェンスが動き、その空きスペースに〇〇選手が飛び込んだとか、そういう感じです。

つまり岡崎選手は、トップという攻撃的なポジションでありながら、周りの「決定機を作る」という、貴重な役割を果たしているのです。そのチャンスをもらった他の選手たちが、結果的に試合を決定的に動かしています。

その黒子に徹する岡崎選手のプレイスタイルから、私は学ぶところが多いです。
これは、サッカーだけでなく、仕事でも生かせることです。
自分は決して主役にはならないけれど、いわば名脇役として、周りを生かす。
そのためには労を惜しまない。
サッカー選手としてだけでなく、人間としても、岡崎選手は成熟していると思います。

岡崎選手の名言

一度、岡崎選手のインタビューを観たことがあります。
そこで岡崎選手は、記者の質問に対し、「俺にはこれしかできないから」と答えていました。
プレイスタイルに関する質問でした。

彼の言葉に、卑屈な響きは一切ありませんでした。
そこには仕事人としての誇りと、意志を貫徹しようという強さが垣間見えました。
私は、旧世代で誰が一番好きかと訊かれれば、迷いなく岡崎慎司選手だと答えます。
そして、今の日本代表は世代交代の時期です。

その世代交代の過程で、岡崎慎司は一仕事か二仕事、また貢献してくれるような気がしてなりません。



【当サイト一番人気記事】

最近では、お笑い芸人を中心にスポーツ選手や俳優さんも副業を始める人が増えましたね。

私が注目したのは、あるお笑い芸人です。

どちらかというと芸人が副業か?

→【たむけんに学ぶ芸能人の副業】

テレビで話題のサプリメント公式サイトはこちら!!

【プラズマローゲン公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!

関連記事

阪神の時期監督候補の赤星憲広とは?タイガース歴代1位の盗塁王

阪神の次期監督候補は? 元阪神タイガースで現在はスポーツコメンテーターをしている赤星憲広さんで

記事を読む

【画像あり】病気持ちでも活躍しているスポーツ選手!岩田稔と三原舞依 

一昔前は、「病気の人がスポーツなんてダメだ!安静にしている方が良いんじゃないのか?」

記事を読む

浦和レッズの橋岡大樹選手の親戚は?陸上日本新記録でダブル東京オリンピック出場

橋岡大樹選手とは 浦和レッズに所属をしているサッカー選手の橋岡大樹さんを紹介します。 橋

記事を読む

卓球・丹羽孝希(にわこうき)は乃木坂ファンラケット情報と彼女は?

世界卓球2017でメダル圏内に 入ったとされる丹羽孝希(にわ こうき)選手。

記事を読む

バスケットボール界のキングことレブロンジェームズ!マイケルジョーダンも顔負け

はじめに サッカーワールドカップでは、世界のスーパースターが華麗なプレーを見せつけました。

記事を読む

福原愛ドイツ在住の理由・イケメン旦那との妊娠発表で引退は?

妊娠を発表した卓球選手の 福原愛さん。 小さなころから卓球をする姿を 見ている

記事を読む

中日ドラゴンズ小笠原慎之介!東海大相模で甲子園優勝ピッチャー!

中日ドラゴンズ小笠原慎之介の経歴 神奈川県藤沢市出身のプロ野球選手の「小笠原慎之介」選手を紹介

記事を読む

イチローに勝った選手が高校時代にいた?メジャーリーガーも認める投手

  先日現役を引退されたイチロー選手ですが、日本で知らない人はいないのではな

記事を読む

サッカー日本代表!堂安 律(どうあん りつ)選手の特徴や移籍の噂など

堂安律(どうあんりつ)という尼崎出身のサッカー選手をご存知でしょうか。 サッカーファン以外

記事を読む

イチロー選手が日米通算4000本以上安打を打てる4つの理由!画像あり

イチローとは イチロー選手と聞けば知らない人はいないくらいの野球界のスーパースターです。 日

記事を読む

ジャック・バウワー役のキーファー・サザーランドの本名は?過去の女性遍歴は?

キーファー・サザーランド 海外ドラマ「24(トゥエンティフォー)

クリスティアーノ・ロナウド
レアルマドリードのエースは?カリム・ベンゼマのプロフィールと画像

レアル・マドリードのエース レアル・マドリードのエースである「カ

元ジャニーズ事務所反町隆史の主演ドラマ!共演からの結婚!画像あり

元ジャニーズ事務所反町隆史 反町隆史は数多くのドラマや映画に出演

大野雄大
令和初!セリーグでノーヒットノーラン達成した大野雄大投手!中日ドラゴンズ

ノーヒットノーラン プロ野球で今年ノーヒットノーランを達成した選

一人二役の篠原涼子のドラマ「愛を乞うひと」!ネタバレのストーリー

ドラマ「愛を乞うひと」 2017年に篠原涼子が一人二役を演じる事

→もっと見る


  • mochico(もちこ)
    芸能ネタに敏感な主婦です。
    映画・ドラマ大好き。
    期間限定モノ大好き。
    いろんな情報を投稿しています。
    プロフィールページはこちら
PAGE TOP ↑