NHK朝ドラ100作品目『なつぞら』が始まりました!主演の広瀬すずさんはどんな人?

スポンサーリンク

NHKのドラマ

NHKのドラマと言われてぱっと思い付くのは、NHK総合日曜20時からの『大河ドラマ』と、月曜から土曜まで朝8時からの『連続テレビ小説』いわゆる『朝ドラ』ではないでしょうか。

この朝ドラですが、先日(2019年3月30日)をもって安藤サクラさん主演、語りが朝ドラ最年少の芦田愛菜さんということでも注目を集めた『まんぷく』が好評のうちに放映を終了しました。

その好評ぶりは、インスタントラーメンを完成させるまでの物語であるということで、最終回に合わせてインスタントラーメンを購入したというツイートがツイッターで散見されるほどでした。

そして、2019年4月1日より新しい朝ドラ『なつぞら』が放映を開始しました。

なんと、この『なつぞら』で、NHKの朝ドラは100作品目だというから驚きです!

どれだけ朝ドラが視聴者の方に支持されているか、わかろうというものです。

100作品も続いていると、お気に入りの作品がいくつもある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、きちんと観たことがないという方でも印象に残る主人公や場面のひとつくらいは思い浮かびそうですね。

この朝ドラ、基本的に1年間を前期と後期に分け、半年をかけてひとつの作品が完結するスタイルとなっていますが、このように1作品が半年間の放送となったのは1975(昭和50)年からと、かなり前から確立されているんです。

なお、朝ドラの開始は1961(昭和36)年。

当初は1年間でひとつの作品を完結させる形式で、放送時間も20分間の番組だったそうですよ。

朝の15分間、家事の合間の息抜きなどに観られる朝ドラは主に主婦をメインとした女性層から支持されています。

もちろん、主婦以外の視聴者の支持もあり、ここまで連綿と続いているのでしょう。

短い時間でも半年かけて、登場人物の子供時代から、大人になったその後の生き方までがじっくりと描かれているのが人気の理由のひとつでもあるようです。

朝ドラ『なつぞら』のキャスト

さて、今作『なつぞら』の主な出演者は広瀬すずさん、松嶋菜々子さん、草刈正雄さん他。

語りは内村光良さん、主題歌はスピッツ『優しいあの子』となっています。

ヒロイン・なつを演じる広瀬すずさんは1998年生まれの20歳。

静岡県の出身で現在はファッションモデル・女優として活躍しています。

テレビドラマ・映画・CMなど多くのジャンルで活動を行なっており、彼女が出演した作品を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

特に最近では競技カルタを題材とした映画・ちはやふるシリーズでの主人公・綾瀬千早の好演が話題となっていた印象です。

また、細田守監督のアニメーション映画『バケモノの子』でヒロイン・楓役で声優に挑戦したりとマルチな才能が見てとれます。

今作の撮影では乗馬や牛の乳搾りを体験した広瀬すずさん。

北海道での乗馬は足場が危うい場所もあったそうですが、2時間必死で練習したところ怖いものがなくなったとか。

インタビューでは、大きな牛も「動物は大好きなので全然怖いとは感じません」と答え、「大自然のなかで動物と毎日接する撮影は、すごく気持ち良かったし、とても楽しかったです」と話した彼女はこの作品にぴったりのヒロインなのではないでしょうか。

さて、そんな彼女の周りをかためる出演者も、大きな見所のひとつです。

2018年の大河ドラマ『西郷どん』にも出演した藤木直人さん、1996年の朝ドラ『ひまわり』でヒロインを演じた松嶋奈々子さん、2016年の大河ドラマ『真田丸』で曲者・真田昌幸を演じた草刈正雄さんなど、放映開始1週目からNHKに縁のある「濃い」面子が画面の中で生き生きと演技をされています。

ちなみに、なつの子供時代を演じる粟野咲莉さんは2016年の朝ドラ『べっぴんさん』でもヒロイン・坂東すみれの娘・さくらの子供時代を演じており、8歳ながら広瀬すずさんにとっては「朝ドラの先輩」なんです。

まだまだ始まったばかりのなつの物語。

朝ドラ100作品目の節目にふさわしい、明るく爽やかで元気の出るお話になってほしいと、一視聴者として願うばかりです。

あらすじ

戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬すず)。

両親を失った彼女は昭和21年初夏、9歳の時に亡き父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝を訪れます。

妻・富士子(松嶋菜々子)は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄)は働き手にもならないとなつに冷たくあたります。

けれども、子供ながらに十勝で生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていきます。

北海道・十勝の大自然と開拓者精神溢れる強く優しい大人たちに癒され、たくましく育ったなつはやがて、十勝で育まれた豊かな想像力と新しいことを切り拓いていく精神を生かし、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジしていきます。

戦後の北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台にまっすぐに生きたなつの夢と冒険、そして愛のドラマです。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!