気になる女優

【画像あり】天海祐希は宝塚歌劇団男役スターから芸能界のトップ女優へ

スポンサーリンク

天海祐希さんは、生粋の江戸っ子だ

数多くの芸能人が在籍する芸能界において、高身長な女優は少ないはずです。

そんな中、外見からスタイルまで整った人物として「天海祐希」さんがいます。

彼女は、身長が171センチあり存在感を感じる女優です。

生まれは、東京の台東区上野であり、生粋の江戸っ子という感じです。

そのため、子供の頃から祭りが好きで、参加したり見に行くようになります。

中でも、神輿が好きらしく担ぐ事も行うなど活発な子供だったようです。

子供の頃から、祭りが好きだったため、今でも時期になると胸がワクワクすると語っています。

芸能界に入る前には、在籍していた「宝塚歌劇団」時代にも神輿を担いだ思い出もあるそうです。

祭りと言えば、屋台を想像する人もいますが、天海さんも「青りんご」や「金魚すくい」などをしていたのでしょうか?

そんな天海祐希さんも、現在は51歳になり独身を貫く女性でもあります。

ある番組では、「甘え方が分からない」と、語る1面を披露しています。

好きな男性のタイプは分かりませんが、天海さんより高身長でないと合わない感じです。

過去には、スポーツ選手や俳優と熱愛の噂がありましたが、長く続かなかったと言えます。

「このまま一生独身なのか」、ファンのみならず気になるところです。

宝塚歌劇団に入った理由が面白い

天海祐希さんと言えば、今や女優として大活躍中ですが、あの「宝塚歌劇団」出身でもあります。

中学時代まで、あまり宝塚の事は知らない学生だったそうです。

演じる事が好きな天海さんは、演劇部に所属して学園生活を謳歌します。

その時の担任が、宝塚歌劇のファンであったため勧められて入団を希望します。

宝塚には、「男役」と「娘役」があり知名度、人気は全国区です。

天海さんは、身長が高いせいもあり男役を意識していきます。

しかし、男役に憧れた理由として、外国の俳優から影響を受けているそうです。

ある日、アメリカ映画をテレビで見ていた彼女は、ハンサムな俳優を見て「カッコいい」と、思うようになります。

「あんな俳優になりたい」と、女性ながら心に芽生えていったそうです。

普通は、女性なら女優に憧れますが、天海さんらしい1面と言えます。

そして、日本では女性が男役を演じる舞台として、宝塚歌劇団を受けて合格する事になります。

音楽学校入団テストでは、主席入学をして驚かせたようです。

また、端正なルックスや雰囲気から「将来は間違いなくトップスターだ」と、約束されるほどです。

近年では、大地真央さん以来の大物と言われ、比較されるほど期待されていました。

宝塚時代、7年目でトップスターに

縦社会である宝塚歌劇団は、通常男役トップスターになるには10年以上かかると言われます。

天海さんは、先輩の生徒を追い抜いて7年目でトップスターになりました。

あの大地真央さんで9年目らしく、いかに早い出世か分かるほどです。

4年目には、女優の涼風真世さん演じる役の相手役として、舞台で演技を披露します。

人気作品であっあため、芸能界でも話題になり天海さんの名を有名にするほどです。

4年目ながら堂々とした姿は、すでに貫録を感じたファンは多かったようです。

もちろん公演作品は、ヒットして天海さんの出世作になったと言えるでしょう。

その後、トップスターになった彼女は、わずか2年の在位で退団する事になります。

劇団幹部は、人気があり集客力がある彼女に「後2年続けてくれないか」と依頼したようです。

しかし、天海さんは、トップになった時点で2年と決めていたらしくキッパリ退団していきます。

退団公演には、劇場いっぱいのファンが訪れて雄姿を焼き付けたものです。

通常は、劇団の正装である緑の袴と黒の羽織姿で退団挨拶をします。

しかし、天海さんは、白のスーツ姿で大階段を降りて挨拶をしたそうです。

白のスーツで登場した人物として、大地真央さんがいて2人とも伝説になっています。

トップスターゆえん、先輩やファンとの確執も

音楽学校含めると、10年間の宝塚時代を送った天海祐希さんは当時悩みもあったそうです。

早くしてスターになった彼女は、先輩からの妬みや嫉妬を経験しています。

稽古が終われば、注意を受けたり小言を言われる事もしばしばです。

また、親分気質の彼女は、後輩の面倒を見るため体調を心配するほど気を使ったそうです。

しかし、当時ファンからは、賛否として対応態度に疑問を持つ事もありました。

天海さんは、ファンの前では、下を向き挨拶や手を振るような愛想は行わなかったそうです。

そのため、ファンからは「あまり好きではない」と、声も少しずつ挙がるほどです。

彼女は、機嫌よく媚びるタイプではなかったため、不愛想に思われてしまいます。

また、住んでいたマンションにプレゼントを持ってきたケースでは「失礼だ」と、嫌悪感を感じる事もあったそうです。

彼女は、まさしく「孤高のトップスター」だったと言えるでしょう。

そんな天海さんも、芸能界入りした後は、「宝塚時代は過去」と割り切り話す事はなかったですが、最近は思い出的にトークする1面を披露しています。

ファンからすると、宝塚の話をもっとして憧れている人に希望を与えて欲しいはずです。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!

-気になる女優
-, ,

PAGE TOP

© 2020 気になるあれこれ Powered by AFFINGER5