【画像あり】子供がハマる懐かしいドラマ!キッズ・ウォーのネタバレ

スポンサーリンク

キッズ・ウォー

今は懐かしい昼ドラ。

大人がお昼に見るドラマとして放送していた昼ドラですが、夏休みの間、子供の視聴者が増え人気に火がついたドラマがキッズ・ウォーでした。

キッズ・ウォーは、家庭や学校で起きる問題を解決に向け動く主人公とその家族のストーリーです。

シリーズとしてはキッズ・ウォーからキッズ・ウォー5まで放送され、3回のスペシャルも放送されるほどとても人気の作品です。

メインの出演者も今となっては、かなり豪華です。

生稲晃子、川野太郎、島かおり、井上真央、小谷幸弘、浅利陽介、斎藤祥太、斎藤慶太、崎本大海、宮崎真汐、金澤匠、宇崎慧、真夏竜 、松山ケンイチなどなど。

井上真央さんの代表作です。

キッズ・ウォーの主人公である今井春子は、再婚し新しい家族と新生活をスタートさせる所からストーリーが始まります。

春子が再婚した相手、今井大介には亡くなった前妻との間に3人の子供がいました。

小学6年生の健一、5年生の里香、3年生の浩。

それに、大介の母である友恵との同居生活も待っていました。

教育熱心な友恵の元で育った大介やその子供達は、とても優秀で学年でもトップの成績をおさめるほどの学力があり、遊ぶ事を知らずに育ちました。
そんな今井家とは縁遠い過去を持つ春子は、元ヤンキーであり今でも時々バイクを走らせていました。

ただでさえ新しい母親を受け入れられない子供達は、春子が元ヤンキーである事を知ると更に距離を置くのでした。

そんな中、今井家に突然現れた1人の少女、中西茜。

茜は春子が元夫と離婚した時に、離れ離れになった娘でした。

父と新潟で暮らしていた茜は、父の仕事の都合で春子が住む東京へやってきたのです。

父には、付き合っている女性がおり、その彼女を嫌う茜は春子の元で暮らしたいと言い、今井家で一緒に暮らす事になりました。

優秀な今井家の子供達は、春子以上に茜を嫌い次々と嫌がらせをし、家から追い出そうとします。

どんな嫌がらせにも屈しない茜に少しずつ心を開く健一と浩。

そんな頃、学校では健一がクラスメイトの男子からイジメを受けていました。

自分がイジメられていると言い出せない健一。

それに気付いた茜は健一をイジメてる男子から助け出します。

しかし、イジメは更に悪化し、とうとう健一は登校拒否となってしまいます。

教育熱心な友恵は優秀な健一が学校へ行かない事を許さず、何としても学校へ行かせようとします。

それに対し、春子と大介は健一の気持ちを汲み取り、学校ではなくフリースクールへ行く事を認め友恵も徐々に理解していくのでした。

キッズ・ウォー2

キッズ・ウォー2では、家庭と学校の問題にプラスして恋愛模様も描かれていました。

一番の見所は、茜と里香の初恋です。

クラスの転校生である紺野翼を巡る三角関係で、犬猿の仲である茜と里香が度々ケンカをするのですが、同じ人を好きになった事で見えない絆が生まれました。

ラストでは、翼が両親の離婚をきっかけに引越しをしてしまいますが、里香の後押しで茜は自分に素直になり翼に気持ちを伝え結ばれました。

キッズ・ウォー3

キッズ・ウォー3では、茜と里香が中学生になります。

茜の初恋の相手、翼が再び東京へ戻り茜の中学に転校してきます。

そんな中、里香は1人で大きな問題を抱えていました。

里香はクラスの女子生徒からイジメを受けていました。

誰にも相談する事が出来ない里香ですが、イジメられている所を茜が目撃します。

春子は学校に掛け合い、イジメを無くすよう訴えますが学校側は真剣に取り合おうとしません。

茜が里香をイジメから守り、救う事で里香へのイジメは無くなりましたが、次に茜が目撃したのは里香がイジメを行っている現場でした。

里香がイジメていた相手は、自分をイジメていた女子生徒です。

茜から春子にその事実が告げられると、春子は里香を本気で叱り、イジメをやめさせました。

春子を母として認めない里香ですが、本気でぶつかる事で少しずつ心を開いていく姿が見られました。

キッズ・ウォー4

キッズ・ウォー4は、翼に実は双子の弟がいたという事実が分かる所から物語は展開されていきます。

両親の離婚をきっかけに、犬猿だった兄弟の溝が更に深まり、再び顔を合わせる日が来てしまったのです。

優秀で心優しい翼とは真逆の性格の弟、一也。

茜や翼とも対立し、問題ばかり起こす一也に惹かれたのは優等生の里香でした。

一也と仲良くなるに連れ、里香は悪い方向へと変わっていきます。

今までサボった事のない塾にも行かず、派手な格好をするようになり家族を驚かせました。

一也に尽くす里香ですが、一也が里香と仲良くする理由は敵対心のある茜と里香の仲を悪化させる為でした。

その事実を知った里香は元の優等生に戻り、一也と距離を置きます。

里香に嫌われた一也は、自分の本当の気持ちに気付きます。

一也の一生懸命な姿に再び心を開く里香でしたが、一也も里香の為に少しずつ変わっていきました。

キッズ・ウォー5

キッズ・ウォー5では、春子と大介と2人の間に生まれた子供、真理が事故死するという衝撃な展開からストーリーが始まります。

これまで主人公だった春子に代わり、茜が主人公となり茜を中心としたストーリー展開となりました。

今井家の両親が亡くなった事で扶養者が祖母である友恵1人となり、今井家の住む一軒家での暮らしを維持する事が難しくなりました。

友恵は寮のあるフリースクールから仕事の依頼を受けており、一軒家を売りに出し子供達を連れてフリースクールへ行く事を決めました。

今までの生活とは一変し、学校へ行かずフリースクールで生活を送る事になった今井一家。

優等生の里香は、生徒の不良達からイジメを受け、今の生活に嫌気をさしていました。

そんな里香をイジメから救ったのは、母の死後父の元で暮らす事を決めた茜です。

茜は兄弟達をほっておけず、フリースクールに入学する事になりました。

フリースクールには色んな悩みを抱えた生徒が多く、今までにない妊娠や性の描写も描かれるようになりました。

そんな問題を次々に解決する茜ですが、父から一緒に新潟に来てほしいと言われます。

新潟で仕事が決まった父は、茜を引き取りたいと言いますが、健一や浩は茜と離れたくありません。

友恵もいつしか茜を本当の孫のように思い、茜が離れて暮らす事をためらいます。

しかし、茜が悩む姿を心苦しく思う友恵は背中を押し、茜は父と暮らす事を決めました。

茜のいなくなったフリースクールは、とても静かで生徒達も元気がありません。

元気がないのは茜も同じです。

茜は父の元から離れ、フリースクールに戻って行きました。

茜を囲む今井一家。

感動のラストシーンでした。

私が一番心残った名シーンは、やはりキッズ・ウォー5の祖母友恵の変化です。

教育熱心であった友恵は、度々茜を注意し対立する事も多かったですが、春子の死後は母のような役割も果たし、茜を孫以上娘のように思うシーンが描かれていました。

他の孫達と同じように茜を愛し、涙する場面はとても感動的で忘れられないシーンです。

イジメの描写もとても多かったですが、回を増す毎に春子が本当の母親に見えていきました。

子を守る為に、イジメっこや教師に啖呵を切る春子のシーンはとても好きです。

キッズ・ウォーがここまで人気になった理由は、茜の正義感に感化された子供達が大勢いたのだと思います。

悪い事は悪いとはっきり言える茜の正義感には、当時子供だった私も勇気づけられました。

健一や浩の成長も視聴者の楽しみ一つでした。

とても気が弱く優しい健一と浩は、回を重ねる毎に強く逞しくなっていきました。

性格のキツい里香も素直で可愛い面も見られるようになり成長しています。

学ぶ事や考えさせられる事の多いドラマであり、子供はもちろん大人もハマるドラマです。

コンプライアンスと騒がれる時代ですが、こういった問題定義のドラマはもっと増えていくべきですね。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!