気になるドラマ 気になる俳優

ジャック・バウワー役のキーファー・サザーランドの本名は?過去の女性遍歴は?

スポンサーリンク

キーファー・サザーランド

海外ドラマ「24(トゥエンティフォー)」で、テロ対策ユニットCTUの捜査官ジャック・バウワー役で有名なキーファー・サザーランド。

ドラマを見た事がなくても、「すまないと思う」「クソっ!」というジャックのセリフは、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

また映画「ザ・センチネル」では大統領を守る凄腕シークレットサービスを、ドラマ「サバイバー」では自分の意図しないところで大統領の職を継承しなくてはならなくなった男を、それぞれ熱演し、合衆国のホワイトハウスとは切っても切れない、最も関係の深い俳優と言っても過言ではありません。

そんなキーファー、実は意外な素顔を持っています。

キーファーのお父さんは、ドナルド・サザーランド、お母さんは、シャーリー・ダクラス。

二人ともカナダ国籍を持つ俳優です。

本名の真実は

キーファーの本名は「キーファー・ウィリアム・フレデリック・デンプシー・ジョージ・ルーファス・サザーランド 」。

どうしてこんなに長い名前なのかというと、お父さんのドナルドが原因です。

ドナルドは数多くの映画に出演している名優ですが、あまり売れず苦労した時期もありました。

その時に、知人にお金を借り生活をしていたことがありました。

借金の機会が増えるたび、貸してくれたことを忘れないようにと、息子が生まれたら相手の名前を付けることを約束したのです。

その結果、こんなにもキーファーの名前が長くなってしまったとのことです。

女性遍歴

芸能一家に生まれたキーファーは、1970年に両親が離婚した後、お母さんと一緒にカナダに移り住み、カトリック系の学校に通いました。

しかし、演じることの魅力には逆らえず、演技のレッスンを受けるためにスクールに通いました。

そんな中1986年公開の、リバー・フェニックスなどが出演した名作「スタンド・バイ・ミー」で一躍名を馳せることになります。

その後は鳴かず飛ばずの日々。

24のジャック役で復活したのは、2001年のことです。

キーファーは恋多き男としても有名です。

過去には、あのジュリア・ロバーツと婚約していましたし、別れた最初の奥さんは女優のカメリア・キャス。

二人目の奥さんは、モデルのエリザベス・ケリー・ウィン。

そして現在の妻は、モデルでサックス奏者のシンディ・ヴィラです。

二度の離婚歴があるんですね。

娘の存在

ジャック・バウワーの役のオファーが来たとき、キーファーは引き受けるかどうかかなり悩んだそうですが、その答えのカギを握っていたのは、二番目の妻との間に授かった娘・サラの存在でした。

キーファーは娘をとても大切に思っており、彼女と一緒に過ごす時間をもっと多く持ちたいと切望していました。

そんな中でのジャック役のオファー。

ロサンゼルスで撮影時間の多くを費やす24は、そんなキーファーの願いを叶えてくれるものでした。

同じ役柄を長く演じることで、イメージが固定されてしまうことを恐れていたキーファーでしたが、娘と一緒にいられる時間の方を取ったのです。

実際には、サラとキーファーとでは食べ物の好みも、音楽の趣味も大きく違うようで、無敵のジャック・バウワーも、年頃の娘と過ごすのは少し大変だったようです。

女装した過去

そんな男の中の男のようなキーファーですが、あるテレビ番組で女性の格好をして出演したことがあります。

これはCBSのトーク番組「レイト・ショー・ウィズ・デビッド・レターマン」 のことで、友人との賭けに負けたキーファーが罰ゲームとして、緑色のワンピースを着て出演しました。

自分が応援していたNFLのチーム・ニューイングランドが負けたら女装してテレビに出る、と約束したからです。

この緑色のワンピース、キーファー自らがショップで選んで購入したものだそうです。

「人生で一番屈辱的な時間だ」と本人は話していましたが、視聴者と賭けの相手の友人はとても喜んだに違いありません。

番組の放送後、お父さんのドナルドと娘のサラに謝罪したそうです。

過去の役

キーファーはとても難しい役にも挑戦しています。

ジャック役のイメージが強く、ドラマ俳優だと思われているかもしれませんが、彼の神髄は映画の中にあります。

先に挙げた「スタンド・バイ・ミー」の無軌道な不良グループのリーダー・エースも難しい役でしたが、2003年に公開されたコリン・ファレル主演「フォーン・ブース」では、電話の声の主を演じています。

劇中主人公を電話だけで脅迫し、命を狙っていると告げて、主人公を電話ボックスから出られなくする声の主です。

言葉と声の抑揚だけで主人公を疑心暗鬼にさせ、自分の要求を飲ませるという難しい役柄でしたが、キーファーはそれを見事に演じ切りました。

歌手活動

現在のキーファーは、ドラマへの意欲もさることながら、カントリー歌手としても活動しています。

彼は大変なギター好きで、特にギブソン社で製作されたものがお気に入りだそうです。

2016年には全米ツアーを決行。

全26公演を開催し、各都市で多くの観客を集めました。

本格的なカントリー歌手と言ってもいいほど、彼の歌声には味があります。

彼名義でのアルバムも出しており、過去にキーファーが経験したアルコール依存について歌詞にした曲も収録されています。

そして動画サイトにも彼本人の名前でアカウントを持っていて、カントリーを歌う姿だけではなく、料理をするところも公開されています。

かつては飲酒運転を起こして逮捕されたり、撮影現場での共演者に対する態度が大きく反感を買ったりしていたキーファーですが、バーで居合わせた客全員の酒代をおごったり、考えられない金額のチップをはずんだりと、憎めない性格の持ち主です。

1966年生まれの52歳。これからもまだまだ私たちを楽しませてくれることでしょう。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!

-気になるドラマ, 気になる俳優
-, ,

PAGE TOP

© 2020 気になるあれこれ Powered by AFFINGER5