研修医時代は「ジャマナカ」?iPS細胞研究者としての山中伸弥教授

スポンサーリンク


皆さんは、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞された、山中伸弥教授をご存知でしょうか。

素晴らしい経歴や人柄を、ご紹介します。

生い立ち

山中伸弥教授は、1962年9月に大阪府東大阪市で産まれました。

今もスラっとされてハンサムですが、小さい頃も、目がクリクリとして可愛いお子さんだったようです。

そんな山中教授のご両親は、小さなミシンの部品工場を営んでおられました。

意外にも、山中家は医師の家系でないのですね。

やはり成績は良かったようで、小学校までは地元の小学校に通っていましたが、中学受験をし、大阪教育大学教育学部附属中学校へ進学されます。

医師を目指したきっかけは、自身の怪我と、お父様の病気が大きかったようです。

勉強だけではなく柔道なども取り組んでいた山中少年は、怪我も多かったそうです。

そして、お父様は早くから糖尿病を患っておられ、肝臓の病まで進行していました。

病気を治したい思いも強く、医師になることを決意したようです。

臨床医から研究者へ

神戸大学医学部卒業後、研修医として整形外科で勤務されました。

しかし、他の医師と比べて不器用であったことから、周りからは「ジャマナカ」と呼ばれていました。

「医師に向いていない」と、落ち込んだようです。

まさかそんな挫折があったなんて、なんか私たちと変わらなくて、とても親近感が沸きますね。

そんな挫折もあり、もちろんお父様のような重症患者さんを救いたいという思いも重なり、研究者を志すようになりました。

研究者として

病院を退職し、1989年に大阪市立大学大学院に入学されました。

学位取得後は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所で博士研究員として採用されました。

トーマス・イネラリティ教授の指導の下、iPS細胞研究を始められました。

そこで所長から贈られた言葉、「研究者として成功する秘訣はVWだ。VWさえ実行すれば、君たちは必ず成功する」という言葉を今もモットーとして大切にされているようです。

VWとは、「Vision(長期的目標)」と、「Work hard(ハードワーク)」。

ただ勤勉なだけではなく、常に大きな目標を見据え、努力を続けることが大切だという教えだそうです。

その後、帰国して大阪市立大学薬理学教室助手に就任されましたが、日本の研究環境はアメリカとは落差があり、ネズミの管理者さえいません。

山中教授はネズミの管理にとても忙しく、疲弊されたようです。

また、当時はiPS細胞の有用性が重視されていなかったため、批判される毎日に精神的に追いやられていきました。

整形外科医へ戻ろうと決めた時、奈良先端科学技術大学院大学の公募に目が止まります。

「ダメだろうし、不採用なら、これを辞めるきっかけにしよう」応募したところ、採用に至りました。

再びアメリカ時代と似た研究環境の中で基礎研究を再開できました。

2003年、奈良先端科学技術大学院大学でiPS細胞の開発に成功し、2004年に京都大学へ移られました。

2006年にマウスの皮膚細胞から、2007年にはヒトの皮膚細胞からiPS細胞の作製に成功されます。

これらの功績により、2010年に文化功労者として顕彰されたことに続き、2012年には文化勲章を受章。

2012年にノーベル生理学・医学賞受賞に至りました。

再生医療普及に向けての活動

2007年、京都大学の研究グループはiPS細胞の生成技術に関する論文を米科学雑誌に発表し、一躍世界的な注目を集めました。

iPS細胞とは、神経や筋肉、骨などあらゆる細胞に変化する万能性を持たせた細胞のことです。

この細胞の生成技術の開発により、拒絶反応のない再生医療の実現が期待されており、文部科学省は同論文の発表を受けて、再生医療技術の研究開発に70億円を投入すことを表明しました。

しかし、お金はまだまだ足りません。

その証拠に、京都大学の研究グループはそのほとんどが非正規雇用であり、人材の長期雇用に懸念がありました。

山中教授は、現在も自ら研究者として活動されていますが、趣味のマラソン参加や講演会開催などで、募金を呼び掛けています。

そして、「独占するためではなく、独占させないために。みんなで一丸となって研究できる環境を。」と、特許も取得されました。

「病気に苦しむ患者さんと我々の1日の時間の長さは、まるで違います。患者さんとそのご家族は、1日1日を必死に過ごしておられます。

そのためにも、1日でも早く、再生医療を普及させるために頑張らなければならないのです。」と、山中教授は語ります。

再生医療の実現が目前となっているのも、山中伸弥教授の人柄と信念が大きな要因のひとつのようです。

皆さん、山中教授の生い立ち、努力と素晴らしさを読んでいかがでしたか?日本人として、これからも彼やその仲間を応援していきたいですね。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!