メジャーリーグで成功か?筒香嘉智の日本時代の成績!画像

スポンサーリンク

昨年末、タンパベイ・レイズと2年総額1200万ドルで契約を締結したことが発表された筒香嘉智選手。

横浜入団当初からの夢であったメジャー挑戦を現実にした筒香嘉智選手の日本時代の成績を振り返る。

NPB年度別成績

2010年    3試合 打率.143  1本  1点
(2軍) 102試合 打率.289 26本 88点

高卒1年目から2軍では4番として起用され、26本塁打88打点と圧倒的な成績を残し2冠を獲得。

1軍では僅か3試合での起用だったがプロ初安打は阪神久保田からホームランを放つなどスラッガーとしての片鱗を見せる活躍だった。

2011年  40試合 打率.241  8本 22点
(2軍) 57試合 打率.224 14本 35点

昨年の活躍から新人王も期待された筒香だったが右手首のケガに悩まされ約3カ月実戦から離れるなど、苦しんだシーズンだった。

2軍では14本塁打を放ちホームラン王に輝く。

2012年 108試合  打率.218 10本 45点

3年目にして初めて規定打席に到達。

2桁本塁打も初めて達成するが、打率.218は規定打席到達選手の中では最下位となるなど確実性に課題が残るシーズンとなった。

2013年 23試合  打率.216 1本 3点

ブランコや中村紀洋らとのファースト、サードのポジション争いに敗れ、スタメンでの出場機会を大きく減らす。

持ち前の長打力も発揮できず悔しいシーズンとなった。

2014年 114試合 打率.300 22本 77点

レフトにコンバートされて挑んだシーズン。

開幕からレギュラーとして出場を続け、ブランコらの戦線離脱をキッカケに4番としての出場を増やしていく。

故障はあったものの2年ぶりに規定打席に到達し、初めて打率3割をマーク。

打撃3部門すべてでキャリアハイをマークするなど充実のシーズンを送った。

2015年 138試合 打率.317 24本 93点

新キャプテンに就任して迎えたシーズン。開幕から4番に定着し、昨年に引き続きキャリアハイとなる成績を残した。

2016年 133試合 打率.322 44本 110点

自身初となる40本越えのホームランを放ち最終的には44本。

打点も100打点を越えて110打点を記録し、こちらも自身初の打撃タイトルとなる本塁打王と打点王の2冠を獲得。

3年続けてキャリアハイをマークするなど日本を代表するバッターとして成長を見せた。

2017年 139試合 打率.284 28本 94点

成績は昨年から落としたもののレギュラーとして1年間試合に出続けチームの顔として活躍。

WBCの日本代表でも4番として出場を果たす。

2018年 139試合 打率.295 38本 89点

安定した成績を残すものの、得点圏打率が低くチャンスに弱いという印象が残ったシーズン。

2019年 131試合 打率.272 29本 79点

プロ入り初めて2番として出場。コールの際には球場がざわついた。

またレフトとしての出場が長く続いていたが宮崎が故障したことをキッカケに5年ぶりにサードの守備に就き、またしてもコールの際には球場がざわついたが、軽快なグラブさばきをみせた。

ここ数年の活躍ぶりからすると、やや物足りなさを感じる成績となったが、それだけ筒香嘉智に対する期待が高まっているという証拠でもある。

メジャーリーガー筒香の成績

日本を代表するスラッガーである筒香嘉智には、やはり同じスラッガーでメジャーでも活躍した松井秀喜の成績を目標にしてほしい。

松井秀喜の成績(メジャー1年目~3年目)

2003 163試合 打率.287 16本 106点
2004 162試合 打率.298 31本 108点
2005 162試合 打率.305 23本 116点

改めて松井の活躍が際立つ。多くの日本人野手メジャーリーガーが苦戦する中、イチローと共にしっかりとレギュラーとして活躍を続けた松井。

NPB時代の成績を考慮すると筒香嘉智に松井クラスの活躍を期待するのは酷かもしれないが、日本の代表として、ぜひ活躍をしてもらいたい。

筒香嘉智が抜けた穴を横浜DeNA

2014年からレギュラーとして、4番としてベイスターズの中心として活躍した筒香嘉智。

戦力的にも精神的にも要だった筒香のメジャー移籍で、ベイスターズの戦力ダウンは必至。

ベイスターズは新外国人としてオースティンを獲得。

2年連続で本塁打王を獲得したソトやロペス、宮崎らを中心とした強力な中軸は健在。

成長著しい佐野や神里、期待のスラッガーである細川や伊藤裕季也、巻き返しを図りたい桑原、梶谷など筒香の空いた穴を狙う選手は数多く存在する。

2月から開幕する春季キャンプ、オープン戦でのレギュラー争いが楽しみである。

(大谷翔平を除いて)久々の日本人野手メジャーリーガーとしてデビューが期待されるレイズ筒香とレッズ秋山。

今年もメジャーリーグから目が離せない!



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!