芸能界のレジェンド!タモリの活躍から学ぶ生きる力と考え方

スポンサーリンク


タモリ、この名前を聞いて、知らないと答える日本人は滅多にお目に書かれないでしょう。

かつては長寿番組「笑っていいとも」のメインMC を30年以上勤め、史上最も長く続いた 生番組としてギネス記録になったことでも有名です。

では、なぜ彼がこれほどまで長年の活躍ができたのか、本記事ではそれについて掘り下げてみましょう。

スキャンダルは皆無に近い

芸能人といえば、世間をお騒がせするスキャンダルは、日常茶飯事といえます。

不倫、薬物など、ここ最近でも何人かの芸能人が、報道されてしまいました。

事の大小の違いはあれど、スキャンダルともなれば、当人は何らかのダメージを負ってしまいます。例を挙げれば「出演していた、あるいは今後出演する予定だった番組の降板」「行政・刑事的な処罰を受ける」「相手がいる場合は損害賠償を請求される」といったことなどです。

長い芸能人生の中で、殆ど事件を起こさずにきた人物を探す方が難しいといえますが、タモリはそれに該当する貴重な人物といえます。

反省はしない

タモリはかつて「自分は反省しない人間だ」と語ったといわれています。

長い人生、常に正しい判断ができる人物はいません。

間違ってしまうことを完全に避けることはほぼ不可能でしょう。

しかし、それらに対して、いつまでもくよくよしていては何も始まりませんし、何も利益は生まれません。

そればかりか、せっかくのビッグチャンスを逃してしまうことすら起こり得ます。

全ては、自身の判断に基づいて行動した結果であり恥じることはない、彼はそれを誰よりも理解しているからこそ、反省しないようにしているのではないでしょうか。

無理はしない、できることをする

できないことを無理にしようとして、自身の精神を壊してしまうケースはどこの世界においても必ず存在します。

前述したスキャンダルの中で、特に薬物については、そのような不安と焦りの気持ちから逃れるためともいわれています。

タモリの思想は、これとは全く真逆の考え方といえるでしょう。

即ち、自分がどのような人物で、どのような能力を持っているのかをしっかりと把握しているが故に、ぶれることなく、長く活躍できた要因の1つであります。

後にも先にも「タモリ」は1人しかいない

タモリはかつて「自分の芸は誰かから学んだわけではない、だから誰かに伝授することはできない」と語ったことがあります。

彼が若いころ、お世話になっていた人物として、有名なのが漫画家赤塚不二夫氏ではありますが、同氏はあくまで彼を居候されていただけといわれています。

彼は師匠から芸を学ぶ、あるいは盗むといったこともなく、1人で「タモリ」を造り上げ、演じ続けてきたといってもよいでしょう。

それ故、「タモリ」を理解できるのは「タモリ」だけ、といった図式が成り立つ訳であります。

派閥は作らない

派閥がない世界は皆無といえます。芸能界も無論例外なく、派閥が存在します。

そのため、個人的には仲がよくても、派閥間の関係によっては付き合いが難しい場合もあるようです。

タモリは自ら派閥が嫌いだとする旨の発言をしており、誰の敵でも味方でもないような存在 となっているようにみられます。

芸能人同士のゴルフコンペ等の際は、同じ派閥同士で固まるためひとりぼっちになっているといったこともあるといわれていますが、彼の「我が道をゆく」といったこれまでのスタンスから考えれば、むしろ望むところということもできるでしょう。

長寿番組が多い

前述した「笑っていいとも」のほか、「ミュージックステーション」「タモリ倶楽部」など、タモリが出演している番組は平均して長続きする傾向があります。

既に前述したとおり、彼にはスキャンダルが殆どないので、途中で番組が終了するといったことがないから、といったところも、理由としてあるかもしれません。

また、テレビ局側も、出演者に帰する急な人選、あるいは番組の終了といったリスクが低くなるので、安心して彼を器用する傾向もあるといえるでしょう。

決まった曜日の決まった時間に決まった番組が放送される、番組自体のインパクトがなくても、その日を象徴する定番の番組となれば、自然と視聴者の目に触れる機会も増えます。

「何となくテレビをつけてみたら、またタモリが出ていた」そのような彼がテレビに出ていて当たり前といったイメージもまた、理由の1つではないでしょうか。

「笑っていいとも」は2014年3月で終了しており、それ以降のテレビへの出演は少なくなっているのは確かです。

しかし、タモリの年齢は既に70代中盤、所謂「後期高齢者」と呼ばれるところまできています。

今後、彼をMCとしたゴールデン向けの新番組が作られることは考えにくく、既存の番組が終了すれば、さらにテレビへの露出は少なくなっていくものとみられます。

しかし、元よりガツガツと前に出たがるような性格ではなかった彼のこと、静かに身を引くことをよしとするのではないでしょうか。

 



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!