浜辺美波と横浜流星!「私たちはどうかしている」ネタバレ

スポンサーリンク

私たちはどうかしている

8月12日に第1話が放送された「私たちはどうかしている」を皆さんはご覧になりましたか。

観ていないという方、どうせ、マンガが原作のありふれたラブストーリーなんだろう、などと侮ってはいけません。

主演は、今後を期待されている今もっとも勢いのある若手女優「浜辺美波」と、多くの名だたる若手男優の中でも、さらに一歩リードしているといっても過言ではない「横浜流星」。

このキャスティングを成功させただけでも、あっぱれだと拍手を送りたいところですが、それ以上にこのドラマには、今までのドラマには無い、底知れぬ魅力があるのです。

まずは、第1話のあらすじを解説しながら、このドラマの奥深さについて語ってみましょう。

私たちはどうかしている

第一話 あらすじ

花岡七桜(浜辺美波)は、才能あふれる若手の和菓子職人。

ある日、彼女の和菓子をこよなく愛する顧客の一人から、自分の結婚式の引き出物を決めるために、ある有名な和菓子職人との対決を引き受けて、勝って欲しいと頼まれます。

最初は乗り気だった七桜でしたが、相手の名前を聞いて顔色を変えました。

対決の相手とは「光月庵。」和菓子職人だった七桜の母親が、まだ子供だった七桜と一緒に住み込みで働いていた場所でした。

「光月庵」の跡取り息子、高月椿とは年齢も近く、仲良く遊ぶ間柄だったため、七桜にとって椿の明るさと人懐っこさは、寂しさを埋めてくれる心のよりどころとなっていました。

しかし、ある日、「光月庵」の当主であった高月樹が何者かに殺害されてしまいます。

呆然とする七桜の前で、椿は七桜の母親を指さしてこう言います。

「この人が父親を殺した」と。そのまま七桜は施設に収容され、母親は真実が判明しないまま、亡くなってしまいます。

そんな過去を思い出し、一度はこの対決を辞退した七桜でした。

しかし、ほどなく七桜は、勤めていた店に「殺人犯の娘だ」と密告され、店を追い出されてしまいます。

行き場を失った七桜の前に謎の人物が現れ、手紙を渡します。

そこには母の文字でこう書かれていました。「私は何もやっていない。」母は、無実だったのです。

この手紙により心を決めた七桜は、対決を決意します。

対決日当日、奥に通されるとそこには、落ち着き払った美しい青年が立っていました。

その人物こそ、かつて七桜と母親を窮地に陥れた、高月椿、その人だったのです。

果たして二人の対決は、どのような結末を迎えるのでしょうか。

浜辺美波と横浜流星

第一話 ネタバレ

(ストーリーのネタバレを含みます。結末を知りたくない方は、読み飛ばしてください。)

二人の和菓子対決は、どちらも甲乙つけがたく白熱しました。

しかし、結局は無名の七桜ではなく、有名な「光月庵」という老舗和菓子店の名前が尊重され「光月庵」が選ばれました。

悔しさをこらえて、その場を立ち去ろうとする七桜の腕を椿が、突然つかみます。

そして、次の瞬間、彼は、あり得ない言葉を口にします。

「俺と結婚しない?」唖然とする七桜。

「冗談だよ」と立ち去ろうとする椿でしたが、七桜はとっさにこう考えます。

「自分は名前を変えており、椿は自分があの時の殺人犯の娘だとは気づいていない。これは真実を解明する千載一遇のチャンスかもしれない」と。

そして彼女はこう言い放つのです。「しましょう、結婚。」

こうして数日後、七桜は「光月庵」に乗り込みます。

なんと、そこでは椿と許嫁の結婚式が行われていました。

やってきた七桜をみて椿は不敵な笑みを浮かべ、こう言います。

「結婚式は取りやめて、僕はこの女性と結婚します。そして、この業績が思わしくない光月庵を理想の店にします」そして、いきなり公衆の面前で七桜と口づけをかわします。

椿は自分の結婚を破談にするため七桜を利用したのでした。

騒然とする参列者たち。

もちろん、女将や大旦那たちも怒り心頭です。

しかし、最終的に、七桜はこの「香月庵」で椿との生活を始めることとなりました。

さて、今後の二人に、いったいどんな試練が待っているのでしょうか。

私たちはどうかしている相関図

第一話の感想

和菓子がテーマだけあって、色遣いや映像がとても綺麗です。

和菓子自体の豆知識なども紹介されて、ほっこり癒されたりもします。

しかし、内容はというと、波乱万丈、破天荒で先が読めず、しかも疾走感があって、ドラマが終わった瞬間「もう終わったの?」と思えてしまうほど。

今後、高槻椿の母親を演じる観月ありさのいじめなども加わり、さらに2時間ドラマ的な犯人探しと老舗和菓子店のドロドロ愛憎劇も加味されて、さらにカオスな状態へと移行していきそうです。

こんなに詰め込んで大丈夫なのかと思ったのですが、脚本が上手なのか、まったく違和感を与えない点は本当に見事。

文句なしに面白いドラマだと言えるでしょう。

しかも主演の二人が魅力的なことは、かなりの強みです。

横浜流星の端正でツンデレなイケメンぶりは、これまでにないキャラクターで、また新たなファンを増やしそうですし、浜辺美波の可愛いだけではない芯に秘めた強さは女性ファンをも増やしそうな予感がします。

第一話を見逃した方、ホームページで第一話のダイジェストを観ることもできます。

今からでも遅くはありません、ぜひご覧になって下さい。



【当サイト一番人気広告】

テレビや雑誌などでも紹介されている楽天モバイルです。
au回線またはドコモ回線を使うので安心して利用できます。
月々の支払いでスーパーポイントが貯まったり、楽天市場でのポイントも2倍になります。
これからは楽天モバイルの時代が来そうですね。

【楽天モバイル公式サイト】



スポンサーリンク

Follow me!